骨盤のゆがみについてご説明いたします。
コシラック特許技術と金賞受賞の信頼!骨盤矯正ベルトは「コシラック」oonew_ooonew_ooonew_ooooooコシラック
HOME良くある質問集ご愛用者の声骨盤体操学術資料会社案内お買い物ガイド買い物かごを見るお問い合わせ

「骨盤補正二段ベルト」に関する学術資料・各種エビデンス等の紹介

(協力:株式会社ユー 商品部研究開発課、大阪府立大学、岡山大学、和歌山大学、シンガポール国立大学、大阪大学、その他)

コシラックとHGH(Human Grouth Hormone)

体内の筋肉を鍛えて、内蔵脂肪を燃焼させる。

費と成長ホルモン分泌量

「コシラック」装着でアンチエイジング効果の高い「HGH(ヒト成長ホルモン)」の分泌が促進されることが証明されました。


ヒト成長ホルモンの減少によって起こる様々な現象

・疲労からの回復が遅くなる/なかなか疲れが抜けない  
・筋肉や骨が衰える
・体重の急激な増加や減少  
・肌のハリが失われ、しわが目立つようになる
・運動能力が低下し、若い頃よりも身体の動きが鈍くなる  
・記憶力や集中力の低下
・毛髪が細くなり、白髪が増える  
・意欲喪失  
・性機能の低下  
・視力減退
・免疫力の低下  
・関節の異常  
・更年期症状  
・睡眠の質の低下  
・血管の老化 ・細胞の酸化が進む  
・インスリンの働きの悪化   等々・・・

脳下垂体の位置 HGHの立体構造図
↑ヒト成長ホルモンを産生する脳組織における脳下垂体の位置 ↑HGHの立体構造
HGHは191個のアミノ酸からなる「機能性」タンパク質のひとつであり、骨・筋肉・内臓の成長を促進する。
line
室内の温度変化に伴うヒト成長ホルモン量の増減1
↑コシラック装着によるヒト成長ホルモン分泌への効果
(被験者A:26歳男性 被験者B:71歳女性 被験者:62歳女性 被験者:46歳男性)
↑室内の温度変化に伴うヒト成長ホルモン量の増減1
line
室内の温度変化に伴うヒト成長ホルモン量の増減1
↑コシラック装着の有無による、
室内の温度変化に伴うヒト成長ホルモン量の増減2
↑コシラック装着の有無による、
室内の温度変化に伴うヒト成長ホルモン量の増減3
line

これらのデータからいえることは
※「コシラックの装着」はHGHの分泌を大幅に促進させる。
※この傾向は特に、冬期のような低い室温でみられ、また高年齢者ほどその効果が大きい。

「コシラック」の装着によってHGHの分泌量になぜ、これだけの変化がでるのか?
※骨盤の開きにより鈍感になっていた神経系が仙骨サポーターにより改善されること。
※仙骨周囲の神経細胞が刺激されたこと等、によるものと考えられる。

↑コシラック装着の有無による、
室内の温度変化に伴うヒト成長ホルモン量の増減4
 
line
装着前 装着後
↑装着前 ↑装着後
この実験系において、シグナル伝達を受けた脳下垂体周辺神経細胞prfN-1は、「赤色」に 光る。写真右において、prfN-1細胞は赤色に光っていることがわかる。この結果から、 「コシラックの装着」により、被験者の脳下垂体が刺激されることが示された。

 

☆コシラック一覧